外科医の勤務時間は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の勤務時間は?

外科医の勤務時間は?

外科医のお仕事は激務です。大学病院などに勤務している勤務医の場合には、日勤や当直など不規則な勤務時間で働くことが多く、それぞれに勤務時間は決められています。しかし、勤務を終えて帰宅しようと思っていたら急患が入ったということは珍しくなく、疲労困憊でクタクタになっていても、急患に対応しなければいけないということは多いでしょう。実際に現役の外科医の場合、週当たりの平均就労時間は60時間程度という統計があり、一般的なサラリーマンの週40時間勤務と比較すると、かなり多いことが分かるでしょう。しかも週60時間勤務の中には、当直などは含まれていないため、平均すると毎日4時間ぐらいは残業をしているという計算になります。

外科医の平均的な勤務時間は、ケースバイケースで大きく異なります。QOLを期待することが難しい研修医レベルになると、月に100時間以上の残業をするという人は多く、月に2回~3回程度ある当直をした後でも、本来なら帰宅するけれど帰宅できず、そのまま日直に入るという人がほとんどです。患者さんの命を預かる外科医ですが、医師本人の健康を管理することが、決して簡単ではない状況にあると言えるでしょう。ベテラン医師と研修医を比べると、勤務時間は研修医の方が圧倒的に多く、国によって過労死認定されるレベルの長時間勤務になっていることも多いですね。

こうした激務を極める外科医の勤務時間は、現在外科医の人気がイマイチになっている原因の一つと考えられています。また、どんな状況であっても外科医は患者さんの命を預かるため、疲れていたからという理由での医療事故は許されるはずがありません。そのため、医師の精神状態が極限まで追い詰められてしまうことは多く、医学界ではこうした激務となる労働環境を改善しようという働きがあります。しかし、長年そういった慣習が続いてきたため、改善するのはなかなか大変かもしれません。

外科医が転職先を探す際には、転職希望先で働く医師がどのぐらい激務な状況にあるかという点もしっかりチェックしたいものです。全国的に外科医が不足する傾向にある昨今では、病院内の外科医が不足しているために、少ない医師数でたくさんの患者さんに対応する激務な状態になっている可能性があります。転職活動の際には、勤務している外科医の数、患者さんの数、月ごとの外来患者数などを現在の職場と比較しながら、どのぐらいの忙しさになるのかを予測することが大切でしょう。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.