外科医の仕事内容は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の仕事内容は?

外科医の仕事内容は?

外科医の仕事内容は、大きく分類すると3つあります。そのうち2つは患者さんの対応となり、こちらは外来の患者さんへの対応と、入院している患者さんへの対応となる病棟管理に分類できます。そしてもう1つは、手術です。外科医と言ってもそれぞれ専門分野があるため、手術を行う場合には専門医が執刀するわけですが、ただ手術室で手術だけを行うというわけではなく、手術の説明や術後管理など、患者さんや家族への対応は外科医の仕事となります。

どんどん進化する医療技術を積極的に取り入れながら、一歩進んだ外科的治療を行うためには、外科医のたゆまぬ向上心とスキルアップができる機会は必要不可欠です。外科医に限ったことではありませんが、医師には研修や講演会、勉強会などに参加する機会が多く、こうした所で情報収集をしながら、手術スキルを高めることになります。医師は新人の頃から定年退職するまでずっと勉強をし続けなければいけないお仕事と言われるのは、そのためですね。また、病棟を持つ病院に勤務する医師には日勤だけではなくて当直などもありますから、精神的にも体力的にもタフであることは必要不可欠な条件となります。自分自身の体調管理や体力維持などもまた、外科医にとっては仕事内容の一つと言えるのではないでしょうか。

外科医としてキャリアを積むためには、専門分野における経験や実績を積みながら、上級資格を取得する必要があります。同じ病院に勤務する外科医でも、それぞれのスキルレベルによっては担当できる手術もあればできない手術もあるわけです。たくさんの医師が勤務する病院の中では、先輩医師が後輩医師に対して指導することもまた、医師の職務の一つとなっています。

外科医といっても、大学病院などに勤務している勤務医とクリニックを経営している開業医とでは、仕事内容は大きく異なります。外科医というと手術という外科的治療法を用いるという共通点があるものの、開業医の場合には医療機器が大きな病院ほど充実しているわけではないため、簡単な手術のみに対応して、難易度が高いものは大きな病院へ患者さんを送ることになります。また、外科クリニックの中には病床を持たないところも多いため、その場合には外来患者さんの対応と手術が大きな仕事内容になります。また、開業医の場合には、病院の経営や運営などのお仕事もあります。医師としてのスキルだけではなく、経営者としての仕事も行わなければいけません。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.