外科医の当直事情は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の当直事情は?

外科医の当直事情は?

病床を持つ医療機関で働いている外科医は、高い確率で当直があります。これは夜勤みたいなものですが、医師の当直の場合には日勤の医師が帰宅する時間から翌日出勤してくるまでの時間となり、看護師など他の医療従事者と比べると勤務時間が長いという特徴があります。ただし、この時間ずっと起きていなければいけないというわけではなく、仮眠をとることができます。そのため、急患などが入らない時には、当直と言っても仮眠をとることができるので、翌朝の疲れのレベルを低く抑えることはできそうですね。しかし、急患などが入ると一睡もできずに手術をするということもありますから、どのぐらい仮眠を取れるかが保証されているわけではないのです。それに、当直明けにはそのまま日勤に入る医師は多いため、一睡もできないまま翌日の日勤で体力的にも精神的にも疲労困憊になってしまう可能性は十分にあります。

外科医が毎月行う平均的な当直の回数は、2回~3回程度と言われています。これは、10日に1度ぐらいの割合になります。しかし、このぐらいの頻度でも不規則な勤務で働くと、体はリズムを崩してしまいやすく、寝ても疲れがなかなか取れなかったり、不眠になったり、医師自体の健康にもマイナスの影響が出てしまう可能性はあります。それに、一睡もできない当直の後で手術を行うというケースはとても多く、医師の健康状態や精神状態が100%の状態でないところで手術を行うという状況は、医学界でも深刻な問題となっているようです。しかし全国的に外科医が不足している昨今においては、なかなか現状を改善することは難しいですね。

外科という診療科目は他の科目と比べると、患者さんの命と直接的なかかわりのある科目で、命という重圧の中で激務をこなさなければいけません。そうした精神的にタフでなければ務まらない状況の中で、生活のリズムを崩す原因となる当直を行うことは、医師にとっては大きな負担となっているものです。転職を考える医師の中には、当直がない病院で働きたいという人が多いという点からも分かりますね。

ちなみに、医療機関の中には、外科医に対するこうした負担を軽減するために、夜勤専従の医師をアルバイトとして雇用している所が増えています。こうすることによって、日勤の医師は昼間の仕事に集中でき、夜は眠ることができます。これは、外科医にとっては大きなプラスのポイントと言えるでしょう。そうした職場は、転職でも人気が高いですね。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.