外科医が大学病院で働くには?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医が大学病院で働くには?

外科医が大学病院で働くには?

大学病院という所は、医療機関の中でも特に急性治療を行うことに特化しているのが特徴で、毎日たくさんの患者さんが入退院しています。最先端の医療機器が導入されていたり、最新の医療技術に対しても積極的に取り組むというのが、大学病院の特徴で、そこで働く外科医にとっては、最新の医療技術を間近で学ぶことができるという大きなメリットがあります。毎日たくさんの患者さんが入退院しているため、短期間でもたくさんの症例を勉強することができ、外科医にとっては短期間でも外科医としての経験値やスキルを高められる理想的な職場と言えるのではないでしょうか。

大学病院で働くことは、スキルアップを目指す外科医にとっては人気があります。医師の待遇や給与面でも高待遇な職場が多く、医師をはじめとし医療従事者不足とは無縁の職場も多く、充実した医療を学ぶことができるでしょう。しかし、大学では医局が存在していて、完全な縦社会となっています。そのため、外科医としての実力があってもなかなか手術を回してもらうことが出来なかったり、いつまでも簡単な職務しか与えられないということはあります。また、大学病院は医師にとってはたくさんの患者さんに対応することが求められる激務な職場となるため、忙しい中でも一人一人の患者さんに集中して適切な対応ができる適性を持っていることは、大学病院で働く外科医にとってはマストな条件となります。

大学病院で働きたい場合には、求人募集を見て応募することが必要です。多くの場合には、病院の公式ホームページで募集されていますが、医師の求人を専門に取り扱っているサービスを利用するという方法もアリですね。特に人員が不足していない時には求人募集は出されていませんが、病院に直接問い合わせてみるとか、知り合いなどのコネを使って求人募集の様子を探るということももちろん可能です。

大学病院で働くためには、外科医として手術のスキルを持っていることや、経験、実績などが高く評価されます。また、大学病院で身に着けたスキルや経験は、その後の転職でもプラスに働くことでしょう。そう考えると、外科医にとって大学病院で働くということは、長いキャリアの中で一度ぐらいは経験しておきたい職場と言えるのかもしれませんね。また、大学病院では医師の教育を積極的に支援している所が多いため、上級資格の取得を目指したい人にとっては、そうした部分でもメリットが期待できるでしょう。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.