外科医に多い悩み・苦労は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医に多い悩み・苦労は?

外科医に多い悩み・苦労は?

外科医の苦労はたくさんありますが、その中でも多くの医師に共通している悩みは、仕事が激務でなかなか家に帰れないということではないでしょうか。外科医は手術を行うと施術内容によっては手術時間が長くなりますし、緊急オペなどが入ると、帰りたくても帰れなかったり、オンコールで呼び出されるなど、自宅でのんびりくつろぐ時間を確保できません。家庭を持っている人だと、ほとんど家にいないということが原因で家庭不和になってしまうこともあります。やりがいや達成感が高い診療科目の外科ですが、家に帰れないほど忙しすぎるというのは、大きな苦労の一つと言えるでしょう。

2つ目の悩みは、外科医は患者さんの命を直接預かるお仕事なので、常に緊迫した雰囲気の中で働かなければいけないという点があります。わずかなミスが重大な医療事故につながりますし、手術がうまくいっても術後管理がうまくいかなければ、患者さんが亡くなってしまうこともあるのです。常に緊迫して緊張の糸を張り巡らせていなければいけないという働き方は、多くの外科医の神経をすり減らしてしまうようですね。

3つ目の悩みは、教科書通りに勉強して手術に臨んでも、教科書通りにいかないことが多く、フレキシブルな対応が求められるなど、仕事の厳しさに対する苦労があります。こうした経験は、実際に手術室に入らなければ経験することができませんが、経験不足という理由で手術に失敗することは決して許されません。

4つ目の悩みは、長時間勤務があげられます。総合病院で働く外科医は、病棟管理をする事もあれば外来担当をすることもありますが、診察時間が終わっていても外来の患者さんが列をなして待っていれば、途中で帰ることはできませんよね。残業をしてでも待っている患者さんすべてに対応しなければいけません。平均的な外科医の残業時間は月に80時間程度と言われていて、過労死に認定されるレベルにとても近いのです。慢性的に長時間勤務を続けることによって、休んでも疲れが取れなかったりすることは、多くの外科医に共通する悩みとなっています。

5つ目の悩みは、家庭や育児と両立することがかなり難しいという点があります。特に女性の外科医にとっては、プライベートな時間を確保することだけでも難しいお仕事ですから、家庭や育児と仕事を両立するには、パートナーの理解は必要不可欠です。男性医師でも、ほとんど家に帰れないために家庭不和になってしまうことは多いため、外科医のお仕事は、理解あるパートナーがいなければ両立しづらいお仕事なのかもしれません。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.