外科医は不足している?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医は不足している?

外科医は不足している?

外科医というとたくさんある診療科目の中でも花形スターというイメージがあります。しかし実際には、患者さんの命と直接的なかかわりがある外科医は、大きな重圧の下に激務をこなしていることが多いものです。そのため、体力的にも精神的にもタフでなければ続けることが難しく、憧れていた外科医になっても続けられずに転科していく医師は少なくありません。近年では、外科医を目指したいという学生や研修医が減っていて、外科医は全体的に不足している傾向にあると言えるでしょう。

また、外科医が不足している背景には、外科医の激務という原因も考えられます。忙しいのは外科という科目に限ったことではありませんが、休日でもオンコールだと自宅待機しなければいけませんし、帰宅途中で急患が入ったりすれば、そのままUターンして職場に戻るということは珍しくありません。また、勤務時間を終えてそろそろ帰宅しようかなと思っていても、急患や患者さんの急変によって帰れなくなるということも多いわけです。そして、当直の後にそのまま日勤に入って手術を執刀することもあれば、精神的にも体力的にも疲労困憊してしまう医師がいても不思議ではありません。近年では、医師として働きたいけれど、プライベートな時間も大切にしたいと考える人が増えているため、あえて激務であることが分かっている外科医ではない別の診療科目を希望する人が多くなっています。

外科医が不足していると言っても、東京都内ではそれほど医師不足を肌で感じることはありません。その理由は、東京にはたくさんの医療機関があって外科医のニーズは高いのですが、医学部が設置されている大学病院などが多く、毎年たくさんの医師を輩出しているという点、そして最先端の医療機器を導入して最新の医療を学べるという点で、外科医にとっては人気が高い職場が多いという点などが考えられますね。一方、地方では外科医不足が深刻な所は増えていて、クリニックはあっても外科医がいないから診療できないというケースもあります。そうした地域では、高額な報酬を支払っても外科医に来てもらいたいわけで、外来対応してくれる外科医をアルバイトで雇用するなどの対策を講じている病院もあります。

医療が発展するためには、今も昔もこれからも外科医は必要不可欠な存在で、外科医不足は何とかして食い止めたいものです。外科医の働き方を見直すとともに、医療機関が独自に対策を立てるだけではなく、もっと大きな単位で良い改善策が見つかることが期待されています。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.