外科医の年収相場は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の年収相場は?

外科医の年収相場は?

外科医と言っても、医師免許を取得したばかりの研修医や新人医師と、ベテラン医師とでは、年収に雲泥の差があります。また、同じ医師歴を持つ場合でも、働く職場によって医師の年収には大きな差があるため、医師歴何年ならこのぐらいが普通というラインをひくことは難しいでしょう。例えば医師免許を取得したばかりの研修医の場合、外科医になることを決めて後期研修医として実務に励む場合には、平均的な年収の相場は400万円~600万円程度となります。同じ年代のサラリーマンと比較すると、若干多めと言ったところでしょうか。

しかし、医師の場合には当直や残業などがかなりありますし、職務中には患者さんの命を預かるため、相当な重圧を抱えている激務です。そう考えると、研修医と言ってもこの年収相場は低いという声は多いですね。医師の中でも外科医というと、かなりの高給稼ぎというイメージがありますが、必ずしも実際にはイメージ通りではないのです。

外科医の多くは、たくさんの症例を勉強して経験するために大学病院の医局に所属することが多いです。この場合、外科医という科目でお給料が決まるわけではなく、その大学病院の規定によって医師給料が決められているため、激務である外科医と、それほど忙しくない診療科目の医師でも、基本給は同じということになります。どのぐらいが相場かという点ですが、講師という役職になれば年収700万円~800万円程度となり、助教授なら800万円~900万円、そして教授になると年収は1000万円前後となります。大学病院の医局に属する外科医は、テレビドラマの中に登場する医師のように何千万という高給を稼げるというわけではありません。

大学病院以外の民間病院の場合には、国立病院や市立病院は比較的外科医のお給料は高めに設定されている傾向があり、地方の病院や公立病院、規模が小さな病院だと医師のお給料も低めの所が多いですね。ただし、外科医の場合には手術を行うと手術手当がつきます。これは手術をしない他の診療科目の医師は受け取ることができない手当で、手術を多くこなす医師なら、こうした手当が基本給に上乗せされるので、お給料も高くなります。

また、医師不足が深刻な病院や、外科医が不足している病院などでは、外科医の求人募集ではかなりの高給が提示されていることがあります。経験やスキルに自信がある人なら、こうした職場を選ぶという選択肢もありますが、まだまだ経験に自信がない医師は、魅力的な高給でも経験値がアップするまでは我慢したほうが賢明でしょう。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.