外科医の給料を上げるには?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の給料を上げるには?

外科医の給料を上げるには?

外科医というと病院の花形診療科目で高給を稼ぐというイメージがありますが、必ずしもイメージ通りというわけではありません。特に研修医の頃には勤務時間が長くてお給料は少ないため、生活をするためにアルバイトをしている人もたくさんいます。外科医として働きながら、いつになったらお給料が上がるのか、心待ちにしている人も多いでしょう。外科医としてお給料を上げるためには、どんな方法があるのでしょうか。

まず1つ目は、手術を多く執刀するという方法があります。病院の多くは、外科医に対して手術を執刀すると手術手当が支給されるシステムとなっています。基本給は同じでも、手術回数が多い医師の方がお給料は高くなるのです。率先して手術を多く執刀させてもらうことができれば、給料アップにつながるでしょう。

2つ目には、アルバイトをするという方法があります。外科医でアルバイトをしている人は多く、定期的に働ける外来担当などのお仕事から、健康診断や献血車など単発のお仕事までたくさんの種類があります。アルバイトをすれば副収入が入りますし、アルバイトと言っても医師免許を生かせるお仕事なので、効率的に高収入を得ることができます。

3つ目は、転職をして待遇が良い職場で働くという方法があります。医師の給料は医療機関によって異なり、一般的には国立病院や大学病院など、資金が豊富で最先端の高額な医療機器を導入できるような医療機関の方が給料も高い傾向にあります。一方、中小規模の医療機関や地方の公立病院になると、医師と言えどお給料は低くなる傾向にあるため、もしもお給料をアップしたい人は、基本給が高い別の職場へ転職するという選択肢もあるでしょう。

4つ目は、上級資格を取得するという方法があります。一朝一夕に達成できる方法ではありませんが、専門医としての資格を取る事によって、お給料はアップしますし、病院内での役職にも影響します。また、長期的なキャリアという点でも、上級資格を取得することには大きなメリットがあります。

5つ目の方法には、当直を増やすという方法もあります。平均的な外科医の当直回数は毎月2回~3回程度ですが、急患などが入らなければ仮眠を取る事ができるお仕事です。しかも、当直をすればそのたびに当直手当をもらうことができるので、もしも可能なら他の人の当直担当を買って出ることで、収入アップにつなげられる可能性はあるでしょう。ただし、忙しい時には一睡もできないまま翌日の日勤に入ることもあるので、詰め込み過ぎないように気を付けることも必要です。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.