外科医の定年は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の定年は?

外科医の定年は?

外科医の定年は、働いている職場によって異なります。例えば国立病院や公立の病院など公的な医療機関で働く外科医の場合には、公務員法という法律に基づいているため、65歳で定年退職しなければいけません。この年齢は医師だけではなく、他の公務員にもすべて適用されるルールなので、外科医だけが例外というわけではないのです。

大学病院や私立病院で働く医師の場合には、その職場が規定している定年の年齢に達したら、定年退職することになります。職場ごとに規定されている年齢には多少の差はありますが、大体は65歳に設定されていることが多いでしょう。ただし、医療機関によっては、外科医がメスを握れる期間はずっと働いてほしいというポリシーを持っている所もあり、医師には定年退職制度が適用されないところもあります。そうした職場では、65歳になっても強制的に定年退職しなければいけないということはなく、働ける期間はずっと働き続けることが可能です。

また、医療機関の中には、定年退職の年齢になっても、功績のある人材に対しては、一般の外科医よりも上の幹部や役員、院長などのポジションを与えて定年以降も働き続けられるという制度を摂っている所があります。ただし、こうしたポジションは数に限りがあるため、どんなに優秀な外科医でも、タイミングなどによっては幹部として残ることが難しいケースもあるということは、あらかじめ理解しておきたいものです。

開業している外科医の場合には、自営業という扱いになるので基本的に定年退職は一切ありません。医師として働ける間はずっと働くことが可能です。また、フリーランスとして働いている医師も、定年退職の制度は適用されませんね。そのため、65歳で定年退職となった外科医の中には、その後にフリーランスとして働き続けたり、定年退職の制度がない職場に再雇用してもらうという方法などもあります。

また、医師の免許を生かして、福祉施設の施設長となったり、健康診断などのアルバイトをして収入を得る人も少なくありません。外科医のお仕事はメスを握ることですが、定年した後はメスを握らなくても医師免許を使った働き方はたくさんあるため、実質的には定年したいと考えた時が、その医師にとっては定年退職の適齢期ということなのかもしれませんね。外科医としてメスを握らなくなった後でも、医師免許を活用して働き続ける人はたくさんいますし、この年齢からの仕事探しをする事も十分に可能です。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.