外科医を辞めたい時は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医を辞めたい時は?

外科医を辞めたい時は?

外科医が辞めたいと感じる瞬間はたくさんあります。1つ目は、患者さんの命を救うことが出来なかった時に自分の無力さを感じ、もしかしたら他の外科医なら救えたのかなと考えたり、自分には向いてないのかなと感じて辞めたいという気持ちが生まれることがあるようです。どんなに優秀な外科医でも、医療には限界があり、どんなゴッドハンドが手術をしても救えない命というものは残念ながら存在します。外科医には、そうした医療の限界を超える勇気や向上心を持って日々鍛錬に励むことが望まれています。

2つ目には、医局での派閥争いなど職場のトラブルがあります。大学病院などはっきりとした縦社会になっている職場では、外科医の直接的な職務とは関係ない雑務を不当に押し付けられたりすることは珍しくありません。また、派閥ができると職場での人間関係が悪くなりますし、医局は小さな集団なので、人間関係が悪くなると直接的に職場の雰囲気が悪くなったり働きにくくなってしまいます。外科医として仕事に集中したくても、そうした部分で働きにくくなってしまうと、辞めたいなとか転職したいなと感じる理由になってしまいますね。

3つ目には、精神的な重圧に押しつぶされそうになった時などがあげられます。病床を持つ医療機関で働く外科医のほとんどは、当直を行っていて、一睡もできない状態のまま日勤に入ったり、疲労困憊した状態の中で手術に臨まなければいけないということが少なくありません。常に緊張の糸が張り詰めた状態で働かなければいけない外科医にとっては、体力的にも精神的にも困憊した状態が続くとアップアップの状態になってしまうことがあり、そんな時には「転職して精神的にもっと楽な仕事をしようかな」と考えることがあるのです。

外科医のお仕事は、患者さんの命を自分の手ですくうことができた時には、大きな達成感や充実感、満足感を得ることができます。そうした気持ちを持ち続けることで、精神的な重圧にも耐えられる強い精神力を手に入れることができるわけですが、中には精神的にも体力的にもキツイという理由で別の仕事に転職する人は多いですし、外科医ではない他の科目へ転科したり、クリニック勤務をする人もたくさんいます。医師免許を持っている医師たちにとってもハードルはかなり高い外科医というお仕事は、強い意思や体力、そして根気や忍耐力などが必要不可欠なお仕事と言えるでしょう。辞めたいなと思うことがあっても、全く不思議ではないお仕事なのです。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.