外科医の独立・開業事情は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の独立・開業事情は?

外科医の独立・開業事情は?

外科医の職場はたくさんあり、大学病院などの医局に所属して出世を目指す人もいれば、資金を貯めて開業することを目指す人もいます。外科医には高い手術スキルが求められるため、経験が浅い医師にとって開業するのは難しいのですが、50代ぐらいになりベテラン医師になると、開業も視野に入れる人が多くなります。

外科医の開業は、若い時からずっと開業をゴールにしている人もいますが、医局内での出世競争に敗れた結果として開業を考える人もいます。いずれの動機にせよ、外科医にとって開業することは簡単ではなく、開業資金という多額の借金を抱えることになる経済的なリスクなどを伴うことはあらかじめ覚悟しなければいけません。勤務医の場合には定年退職があるため、一定の年齢になるとまだ元気でも仕事を辞めなければいけませんが、開業医の場合にはそうした定年退職制度はありません。そのため開業医は、体力が続く限りは現役医師として活躍することができるわけです。そうした要因があるのかどうかは定かではありませんが、現在、外科医の開業はすでに飽和状態となっています。

飽和状態でも開業することはもちろん可能ですが、多額の借金を背負って開業するのですから、患者さんを呼び込めるアピールポイントなどをあらかじめ検討した上で、慎重に判断することが必要となります。住宅地に開業すれば近所の住民を呼び込めると考えがちですが、特に強みやアピールポイントがないクリニックでは、患者さんはあまりやってこないかもしれません。そのため、外科医が開業する際には「3C」に注意することが大前提となります。

3Cというのは、Customer(患者さん)、Competitor(周囲に外科クリニックがどのぐらいあるのか)Clinic(クリニックの特徴やアピールポイント)が該当します。例えば、10代のアスリートが多いエリアでは、スポーツ整形外科などが患者さんを呼び込むポイントとなりますし、他の外科クリニックとの差別化も図ることができるでしょう。しかし、現在は良くても将来の少子化によって、スポーツ整形外科がそのエリアでどのぐらいのニーズがあるのかという点も見越したうえで開業することが必要ですね。

外科医として開業する際には、大学病院などの総合病院での勤務経験だけでなく、小さな規模のクリニックでの経験も積んでおきたいものです。この経験を積むことによって、大きな病院で働いていた時には見えなかった部分が見えてくるため、ノウハウを身に着けることにもつながります。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.