外科医と内科医の比較は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医と内科医の比較は?

外科医と内科医の比較は?

外科医も内科医も、同じ医師免許を持っています。医師になるためには、まず専門分野に関係なく医師免許を取得し、すべての診療科目を広く浅く学んだあとで、自分で外科や内科と専門分野を絞り込むことになります。つまり、外科も内科も一般的なレベルではどの診療科目に対してもそれなりの知識を持っているという共通点があるわけですね。

外科医と内科医の大きな違いは、患者さんの病気に対してどのようなアプローチで治療を行うかという点ではないでしょうか。外科医の場合には、手術という外科的アプローチで治療を行うのに対し、内科医の場合には薬物を使って内科的アプローチをするという特徴があります。例えばガンという疾病でも、外科医なら手術でがんを切除するというアプローチをしますが、内科の場合には化学療法で治療を行うことになります。つまり、一人の患者さんに対していろいろな治療方法があり、どんな治療を受けるのかによって、担当が外科医になることもあれば内科医となることもあるのです。

医師は、メスを握るかどうか、つまり手術をするかどうかによって外科医か内科医かにザックリ大きく分類できると言われています。しかし、医師免許を持っている医師の中でも、画像検査の結果を読むことを専門としている放射線医もいれば、病理検査のみを行って患者さんと直接かかわることがない病理医などもいるため、すべての医師が必ずしも外科医か内科医かに分類できるというわけではありません。

大きな病院に患者さんが入院してきた場合、過去の症例や傾向などから明らかに外科的治療を行うのがベストと判断された場合には、外科医が担当となり、外科病棟への入院となります。一方、明らかに内科的治療が有効だと判断された場合には、内科病棟への入院となります。しかし疾病の中には、外科的治療でも内科的治療でもそれぞれ有効性が認められるケースはたくさんありますよね。その場合には、患者さん一人一人に対して外科医と内科医が集まり、どんな治療を行うのがベストなのかが検討されることになります。もちろん、患者さん自身の希望やライフスタイルなどは考慮されて治療方針が決められるので、外科医も内科医もチームプレーで一人の患者さんに対応しなければいけません。

外科医と内科医が同じ職場に勤めている場合、病院によって医師としてお給料が同じこともあれば、外科医の場合には手術を行うたびに手術手当がつくためにお給料にも差が出ることもあります。そのため、転職先を探す場合には、そうした点も考えながら仕事探しをすすめましょう。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.