外科医の志望理由は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の志望理由は?

外科医の志望理由は?

外科医の志望動機はたくさんありますが、自分の手で患者さんの命を救いたいという使命感に駆られて医師になり、その中で重圧の中ではたらく外科医になることを決意した人は多いですね。外科医と言っても専門分野はたくさんあるため、外科医として働きながら自分の専門分野においてより高い専門知識やスキルを身に着けていきますし、専門医など上級資格の取得を目指して切磋琢磨することになるわけですが、日々進化し続ける医療技術と常に隣り合わせで働けるという環境そのものが、魅力的に映ることが志望理由になった人も多いですね。

医師になる人のほとんどは、明確な志望理由を持っているものです。逆に、特別な志望理由がなく、ただ何となくという理由で外科医を目指す人は皆無と言えるでしょう。その理由は、外科医は医師の中でも過酷な激務となる診療科目ですし、患者さんの命に直接的に携わるため、わずかなミスが重大な医療事故につながってしまう可能性があります。そのため、そうした重圧の中でもやり遂げたいという強い意思や気持ちを持っていることは、外科医として働き続けるためには必要不可欠です。自分が長年心に抱いていた強い志望動機があるからこそ、こうした激務な環境でも頑張り続けることができるのでしょう。

外科医を目指す際には「患者さんの命を救いたい」「自分の手で手術をして患者さんを助けたい」「日本の医療界に貢献したい」「人の役に立ちたい」などの志望理由を持って外科医になった人でも、長く働くうちに、思っていたことと現実のギャップを感じ、外科医ではない診療科目へと転科していくケースは珍しくありません。また、外科医のスキルを活かしながらも、患者さんの命に直接的に携わる専門分野ではなく、精神的に少し余裕を持てる美容外科などへ転科を希望する医師も近年では増えています。

また、外科医のお仕事は、外科医になったらそれで終わりというわけではなく、常に新しい医療技術を勉強したり取り入れたりしながら、上級資格を目指したりスキルアップのために日夜努力を惜しむことができないお仕事でもあります。定年退職するまでずっと勉強が続くため、強い信念と根気がなければ続けることは難しいかもしれませんね。

どのような志望動機でも、外科医になることは素晴らしいことですし、日本の医療界に大きく貢献できる人材になれることでしょう。しかし、優秀な外科医になるためには、他人以上の努力が必要ということ、そして優秀な外科医であり続けるためには人並み以上の努力が求められるという点は、これから外科医を目指す人にとっては、頭の中に叩き込んでおきたいポイントではないでしょうか。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.