外科医の休日事情は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の休日事情は?

外科医の休日事情は?

外科医の労働環境が激務であることは広く知られていますが、休日事情に関しても、一般的なサラリーマンとは大きく異なります。勤務医の場合、基本的に毎月お仕事のスケジュールが決まっていて、日勤や当直などはあるものの、休日も確保されています。しかし実際には、休日でもオンコールなために自宅で待機していなければならなかったり、帰宅しようとしたら急患が入ってしまい、結局帰宅できた時には休日が半分終わっていた、なんてことは珍しくありません。

また、日勤と当直という不規則な勤務時間で働くことによって、疲れがなかなか取れずに休みの日にはやりたい事が出来ず、ほとんど家の中で休んでいるという人は多いため、実際にリラックスしてのんびり休めるような休日は年間を通してほとんどないと感じている医師は多いでしょう。

外科医に限らず医師の場合には、オンコールというシステムがあります。オンコールの医師は、急患など病院からの呼び出しを受けたら直ちに出勤しなければいけないというルールで、連絡の手段にはスマホが使われます。オンコールは働いていない医師全員というわけではなく、担当があるわけですが、場合によってはオンコールで呼び出される医師の数が複数だったりすることはありますし、どんなタイミングで呼び出されるか分からないため、自宅にいても緊張して待機しなければいけないのです。

中には、帰宅途中でオンコールの呼び出しを受け、Uターンで職場に戻ったというケースもあります。そう考えると、外科医というお仕事は、休みがあってないようなものだと言っても過言ではないでしょう。また、オンコールで呼び出された場合、ただ出勤すればよいというだけではなく、患者さんの対応をしますし、急患だと緊急オペということもあります。そのため、オンコール待機中にはアルコールは一切飲むことができません。

外科医の休日事情については学会などでも頻繁に問題となっていますが、なかなか良い改善策はないようです。外科医に限らず、激務となる医師のお仕事では休日を確保することはとても大切なことで、休日の時間を利用して上級資格を目指すための勉強をしたり、論文を書くなどの作業をする人は多いですし、家族を持っている人はさらに家族と過ごす時間も確保したいものです。しかし実際にはなかなかプライベートで確保したい時間を取る事が出来ないため、そうした理由で外科医を辞めて別の診療科目に転科を希望する人は少なくありません。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.