外科医でフリーランスで稼ぐには?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医でフリーランスで稼ぐには?

外科医でフリーランスで稼ぐには?

外科医に限らず医師というと、医療機関に正職員として雇用されているという固定観念を持っている人はたくさんいます。しかし近年、テレビドラマの影響などもあり、外科医として高いスキルを持つ医師は、フリーランスとしても活躍できるということが広く理解されるようになりました。ひと昔前だと、「スキルはあっても医療事故などを起こしてどこにも採用してもらえない医師」がフリーランスとして働くと考えられていましたが、現在では外科医としてのスキルを活かしながらも激務過ぎずにプライベートな時間も大切にしたい人が、フリーランスという働き方を選択するケースが増えています。

フリーランスの外科医として稼ぐためには、外科医として高いスキルを持っていることは必要不可欠です。そのため、外科医になったばかりの新人研修医というレベルでは、フリーランスになったとしても仕事の依頼が来ることはないでしょう。専門分野を極め、勤務医では難しいような手術でも成功させることができるという評判を得ることが出来たり、患者さんから高い支持や評判を得ている外科医なら、フリーランスになったとしても仕事の依頼が来ることは予想できるため、十分に稼げるのではないでしょうか。全てのフリーランスの医師は、もともとはどこかの医療機関に所属して、経験や腕を磨いていた勤務医であることが大前提となっています。

フリーランスになると、勤務医として働いていた時とお給料はどのぐらい変わるのでしょうか。専門分野や執刀する手術の回数などによって収入は異なりますが、勤務医の頃よりも勤務時間が短くなり、収入は1.5倍〜2倍程度に増えるというケースは、それほど珍しくありません。中には、勤務医の頃と比べて年収が3倍になったという外科医も存在しています。これは、外科医の手術を行う際の単価が高額なためですね。つまり、勤務医の頃と同じぐらいの年収をフリーランスとして稼ぐことは、外科医としてのスキルがある医師にとってはそれほど難しいことではないということなのです。

現在勤務医として働いていて、これからフリーランスになることを考えている人は、離職してフリーランスになるタイミングはとても大切です。離職するタイミングを間違えてしまうと、医療業界に敵を作ってしまうことになり、仕事を回してもらえなくなってしまいます。また、フリーランスとして働いていても、稼げなければすぐに勤務に戻ろうという覚悟も必要でしょう。医師免許は取得すれば一生有効ですが、外科医にとって手術を行わない期間が長くなればなるほど、スキルや勘を取り戻すのに時間がかかってしまいます。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.