外科医の学歴の重要性は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の学歴の重要性は?

外科医の学歴の重要性は?

日本は学歴社会と言われていますが、職業によって学歴がどのぐらい重要なのかは異なります。お仕事によっては学歴よりも才能の方が大切というものもあれば、学歴があってこその職業というものもあるでしょう。医師の中でも外科医は、どのぐらい学歴が重要なのでしょうか。

大学受験をしたことがある人なら経験があることですが、日本の大学は偏差値という数字によってランク付けされています。それぞれの学部ごとにランク付けがされているため、大学に入学する時点で「大学Aは大学Bよりも偏差値が高いから、格が上」というような考え方が学生たちの頭にインプットされてしまうわけです。もちろん、学部の偏差値が全てというわけではありませんし、社会人になってからのキャリアを決めるわけでもありませんが、外科医の場合には医師免許を取得してからも、どの大学出身なのかによってキャリアや転職の際には多かれ少なかれ影響は出てくるようです。

これは、大学病院の医局と大きな関係があるかもしれませんね。大学病院とは医学部が設置されている大学に併設されている病院のことで、学部の偏差値というと、数ある医学部の中でも絶対王者的な位置に君臨しているのが東大の理、つまり医学部です。この学歴を持つ医師は、外科医の中でもエリートコースが約束されていると言われているほどで、実際に転職の際にも別格な扱いを受けることは多いでしょう。

しかし、外科医は学歴だけを持っていても、メスを握った際のスキルがなければ通用しません。そのため、医師免許を取得した後に外科を専門としたら、学歴にはあまりとらわれずに外科医としてのスキルをアップするために精進することによって、「腕のいい外科医」として自分の評判を構築することができるでしょう。患者さんにとっては、学歴が高いけれど腕がイマイチな外科医よりも、腕がピカイチな外科医に手術をしてもらいたいと思うものです。

大学病院へ転職を希望する際には、その大学出身の外科医が多少採用の際に有利になることはあるかもしれません。しかし必ずしもそういうわけではありませんし、大学病院にとっては母校出身の外科医でそろえて患者さんからの評判がイマイチになってしまうよりも、他校出身でも腕の立つ外科医をそろえて患者さんを多く集めたほうが、病院の評判にもつながりますよね。そのため、学歴がどうだから転職で不利ということはほとんどなく、学歴よりも外科医としてのスキルの方が転職の際には圧倒的に重要なポイントになると考えることができます。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.