外科医の適性(向いている性格)は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医の適性(向いている性格)は?

外科医の適性(向いている性格)は?

医師の中でも特に精神的かつ体力的にタフであることが求められる外科医のお仕事には、適正があります。性格的に向いている人もいれば、そうでない人もいるわけですね。向いていない性格の人にとっては、毎日の重圧が精神的に大きな負担となってしまうでしょうし、遅かれ早かれ別の科目へと転科することにもなりかねません。どんな性格なら、外科医に向いているのでしょうか。

外科医に向いている性格は、外科医に対する憧れだけではなく、強い目的や意思を持っていて、それを長期的に持ち続けられる忍耐力などを持っている人と言えるでしょう。医師の中でも花形というイメージのある外科医は、強い憧れを持って専門とする人が多いのですが、現実とのギャップに失望したり、心が折れてしまうことは少なくありません。そうした中でも、目的をしっかりと持ち続けて達成するための努力を惜しまない人が、外科医として向いている適正と言えるでしょう。

また、この診療科目では患者さんの命と直接的なかかわりを持つため、わずかなミスが大きな医療事故へとつながるリスクを常に持っています。そのため、手術室に入る外科医にとっては、常に緊張の糸をピンと張り巡らせた状態で勤務に当たらなければいけません。そうした重圧を日々受けることは決して精神的に楽なことではありませんし、毎日のプレッシャーはどんどん大きくなっていくでしょう。そうしたプレッシャーに押しつぶされないような心の強さを持っていることもまた、外科医に求められる適正なのです。

外科医の職務の一つである手術では、教科書通りの手順で行っても、時として思いもよらないアクシデントが起こるものです。そうした時でも、慌てずに冷静に落ち着いてフレキシブルな対応をする事は外科医に求められる素質の一つです。ただし、これは経験によって少しずつ手に入れることができるスキルの一つなので、研修医の頃から持ち合わせている人は少ないものです。しかし、どんな時にも患者さんの命を救うために希望を捨てず、フレキシブルに対応する度胸や勇気を持っていることは、外科医にはなくてはならない適正と言えます。

もしかしたら自分は外科医に向いていないかなと心が折れそうになることは、医師なら誰でも何回かは思うものです。しかし、それを乗り越えられるかどうかは、その人の性格や考え方などによって大きく変わってきます。もしも外科医を目指したいのなら、最初から性格的に向いていないだろうからとあきらめるのではなく、チャレンジした上で続けるか転科するかを決めるという選択肢もあるでしょう。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.