外科医のアルバイト事情は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 外科医のアルバイト事情は?

外科医のアルバイト事情は?

外科医は、本職のお仕事以外にアルバイトをしているというイメージはあまりありません。しかし実際には、本職だけでは生活が大変だったり、収入アップを目指してアルバイトをする医師はたくさんいます。アルバイトと言っても医師以外の仕事を副業として行うわけではなくて、医師免許を生かしたアルバイトが大半なのが、外科医のアルバイトの特徴です。

外科医のアルバイトは、医師免許を取得したばかりの新人研修期間の中でも最初の2年間は禁止されています。この時期には、医師免許は持っていても医師としての経験や知識、実績がほとんどない状態なので、1人前の医師とは言えません。しかし後期研修になるとアルバイトが解禁となるため、若い医師たちの多くはお休みの日などを利用してアルバイトをしています。

外科医がどんなアルバイトをしているかという点ですが、種類はたくさんあります。病院の中には外科医不足が深刻な所があり、そうした病院で外来の外科医をアルバイトとして週に1日とか2日とか、また週末のみとして働いたり、勤務医がお休みの日を穴埋めするという形で外来担当をするようなお仕事は多いですね。こうした外来担当のアルバイトは週に1回など定期的に入るため、生活のために安定した副収入が必要という人に人気が高いお仕事となっています。地域によっては、僻地での外来診療というアルバイトもあり、その場合には交通費も前泊費用などもすべて支給されるなど、待遇面が良いお仕事もあるようです。

研修医向けのアルバイトもたくさんあります。例えば、献血車や健康診断などのお仕事です。これは医師として高いレベルの専門知識が求められるわけではなく、基本的なレベルの経験値でもOKですし、単発的なお仕事なので人気があります。こうしたアルバイトの仕事は、医師向けの求人サイトなどで紹介されていることもありますが、医局経由で募集されることも多いですね。その場合には、ベテラン医師は手術や学会などで忙しいため、研修医など若い医師が担当することになります。

アルバイトをしている医師はたくさんいます。それ自体は決して悪いことではないのですが、アルバイトが忙しすぎて本業が集中できなくなってしまうなど、本末転倒にならないように気を付けましょう。また、医師歴が長くなると本業がどんどん忙しくなってアルバイトをしたくてもスケジュール的に難しいということになるため、その点もしっかり念頭に入れておきたいですね。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.