科医の50代での転職事情は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 科医の50代での転職事情は?

科医の50代での転職事情は?

50代の外科医は、臨床医としてはベテランの域に達する年代です。転職の際には、そうした経験値やスキルが高く評価されると考えがちですが、50代になると外科医と言っても転職することは難しくなってしまうことが多いですね。その理由ですが、50代の外科医はそれまでの職場でリーダー的な立場で働いてきたことが多いため、新しい職場でのやり方に馴染めないのではないかとか、チームの一員としてうまくやっていくことが難しいのではないかと考えられてしまうためです。この年代になると、すでに外科医としてはスキルを確立していることが期待されているため、スキルアップという目的での転職は難しくなるでしょう。もしもスキルアップのために転職をするのなら、できるだけ30代や40代の内がおススメです。

臨床医としての転職は50代に入ると難しくなってしまいますが、この年代で唯一可能な転職があります。それは、管理職への転職ですね。大学病院など縦社会が確立されている医療機関では、内部から管理職を登用することは多いのですが、外部から引き抜くことも珍しくありません。また、医局内でのそうしたポジションは数が限られているため、出世コースから外れてしまった医師にとっては、転職して役職につきたいということもあるでしょう。また、役職のポジションは、30代や40代ではあまり対象となりにくいため、50代の外科医にとっては転職しやすいポジションと言えます。

50代の外科医は、転職ではなく開業する医師が多くなります。医局内での出世争いに敗れた医師の中には、開業することを決意することは珍しくありません。それに、この年代になると年齢的に当直から日勤にそのまま入るなどの激務がきつくなるため、当直がない日勤のみの仕事を希望する医師も多くなりますね。近年では、すでに開業医は飽和状態となっているため、開業すれば必ず儲かるというわけではなく、どこに開業すればよいのかという点は、あらかじめ入念なリサーチが必要となります。しかし、条件が合えば50代から開業してうまくいくケースは多いですし、その場合には定年退職などもないため、医師として働き続けられる限りはずっと仕事ができるでしょう。

また、収入を維持しながらもスキルを活かして高収入を稼げるフリーランスへ転向する外科医もいます。フリーランスになると、勤務医としての義務である当直や雑務などがいっさいなくなりますし、収入面でもアップすることが多いですね。そのため、勤務時間が短くなってプライベートが充実し、それでいて収入もアップできるという相乗効果が期待できます。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.