科医の40代での転職事情は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 科医の40代での転職事情は?

科医の40代での転職事情は?

40代の外科医は、医療機関にとっては喉から手が出るほど欲しい年代の医師と言えます。外科医としての経験を十分に積んでいる人が多いですし、専門性も極めていてベテラン医師と呼ばれる年代です。また、体力的にも当直ができる年齢なので、病院側のニーズと医師が希望する条件や専門性などがマッチすれば、比較的転職しやすい年代と言えます。一般的なサラリーマンの場合には、40代に入ると転職が難しくなってしまいますが、医師の場合には臨床経験を積めば積むほど医師としてのスキルレベルは高くなるため、医療機関からも高く評価され、転職はしやすくなりますね。

外科医の求人募集を見ると、40代医師は年齢的な問題で応募できないということは殆どありません。よほどベテランの専門医を探している医療機関の場合だと、40代でもまだ経験不足ということはあるかもしれませんし、逆に研修を終えたばかりの新人医師を探しいている医療機関にとっては、40代ではストライクゾーンから外れてしまうことにもなりかねません。しかし、外科医の場合には40代の求人はたくさんあり、年齢制限に引っ掛かるという年代ではないため、転職先を見つけることはそれほど難しくはないでしょう。たくさんの選択肢がある年代だからこそ、自分がこれからどんな風に働きたいのかをしっかり見据えて、待遇や給料の面はもちろんですが、勤務時間や福利厚生などの面も比較しながら自分にピッタリの職場を見つけたいものです。

また、40代の外科医が転職先を探すポイントとしては、その医療機関にどのような最先端の医療機器が導入されているかという点、どんな専門分野に力を入れているかという点、毎月の手術件数やどのような手術案件が多いのかという点などについてもリサーチしましょう。また、急性医療を取り扱う医療機関だと外科医は激務になってしまうことが多いのですが、月の当直回数や残業時間などについてもリサーチすることができれば、具体的にどのぐらい忙しくなるのかという点についても把握しやすくなるでしょう。

40代でも後半に入ると、役職や管理職への転職が多くなります。大学の医局でも、講師や准教授などのポジションへ転職を希望する人が多くなりますし、総合病院の場合には外部からこうした役職医師を迎え入れる際には、求人募集をかけることになります。役職転職は外科医以外の他の診療科目にもありますが、外科医でも政治力や人望、将来の展望などによっては役職への登用のチャンスがありそうですね。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.