科医の30代での転職事情は?

外科医の医師転職TOP >> 外科医に関するよくある質問 >> 科医の30代での転職事情は?

科医の30代での転職事情は?

医学部を卒業してすぐに医師免許を取得しても、それだけですぐに一人前の医師になれるわけではありません。医師には前期研修で2年、後期研修で2年と研修期間が設けられていますし、研修期間を終えても外科医という専門分野においては一人前と言えるレベルにはなりません。この科目の場合、医師歴が10年ぐらいでようやく一人前と言われているため、年齢的には一人前になれるのは30代ということになりますね。

外科医の転職はすべての年代において存在しますが、その中でも特に30代は転職が盛んになる年代です。体力的に元気な年代なので、当直やハードな残業にも耐えることができますし、スキル的に高額を期待する医師は少なく、破格の高待遇でなくても不満を感じないという点で、雇用する医療機関側にとってもこの年代は採用しやすい年代と言えるでしょう。また、30代になると医師としての専門性を高めたいと希望する人が増えるため、転職希望者が多くなります。その点からも、30代は外科医にとっては比較的転職しやすい年代と言えます。

外科医の場合には、研修医の時から外科医としての経験値やスキルを高めるという目的で、大学病院のような大きな病院に勤務する人が大半です。その中には、ずっと臨床医として専門性を高めていきたいという人もいれば、研究に力を入れたいという人もいるでしょう。30代になって外科医としてようやく一人前だと認められるようになると、大学病院の医局を離れてもともと自分がやりたいと考えていた方向へと転職しやすい環境が整うわけです。30代の外科医に転職が多いのは、そうした理由も考えられますね。

結婚や育児と仕事を両立したいという女性医師の中には、30代になってから外来診療のみを行うクリニックへの転職が多くなります。病床が多い病院ではどうしても外科医は激務となってしまいますし、勤務時間が不規則なため、家庭や育児と仕事を両立することは難しいわけです。そのため、仕事では方向転換をして、できるだけ規則正しい勤務時間で働けるような職場への転職を希望する人が多くなります。

30代で転職をする場合、転職すること自体はそれほど難しくはありません。しかし、これからのキャリアを長期的に考えながら、自分がどんな仕事に取り組みたいのかを見据えたうえで、正しい方向性の転職をする事は、外科医として必要不可欠な選択と言えるでしょう。もちろん、転職はせずに大学病院の医局に残ってキャリアアップを目指す医師もたくさんいますよ。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.