外科医向け転職エージェントランキング

外科医として転職をお考えの先生へ

消化器外科、心臓外科、呼吸器外科、脳神経外科など、一言に外科と言っても様々な科目に分類されます。当サイトではそんな外科医の転職に役立つ情報をまとめています。

転職で一番肝心なのはやはり転職先です。希望にあった転職先を見つける方法としておすすめなのが医師系の転職エージェントの活用 です。医師転職ドットコムには外科の求人も豊富で、常時4万件の求人情報が保有されています。もちろんここだけでしか紹介されていない非公開求人もありますので、転職先のピックアップに困ることはないでしょう。

外科医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
納得のいく医師のキャリアにこだわり続ける医師転職ドットコムでは、外科医の求人を数多く取り扱っています。全国に広く求人を取り扱っていて、その数は常時約4万件と充実しています。常勤や非常勤など外科医の働き方によって多種多様な求人募集があり、短時間労働でも高収入を得られるお仕事や、待遇や福利厚生が充実したお仕事なども豊富です。当直ナシのお仕事、週4日のお仕事、年収2000万円以上のお仕事など、条件検索も可能です。

リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
好条件や高収入の求人が充実していることで人気のリクルートドクターズキャリアでは、外科医の求人も魅力的なものが豊富です。医療業界に精通したプロが選ぶ求人情報ばかりというだけでなく、専任のスタッフが条件交渉など面倒な部分をすべて代行してくれたり、面接日や入職日も調整してくれるので、忙しく働きながら転職活動をしたい外科医にとっては、ピッタリのサービスと言えるでしょう。医師専門の求人斡旋においては30年という長い実績を持っている点が魅力です。

エムスリーキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
常勤はもとより非常勤の医師求人も多いエムスリーキャリアは、医師会員がなんと25万人という実績があります。転職を希望する医師の登録実績においては、6年連続でナンバーワンを獲得していて、その中には外科医ももちろん大勢います。全国に広く求人情報を取り扱っているので、特定のエリアで働きたい医師にとっても使い勝手が良く、検索機能も充実している点が特徴です。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
好条件で優良な非公開求人を多く取り扱っていることで人気のマイナビDOCTORでは、外科医の求人情報も幅広く取り扱っています。マイナビDOCTORでは、全国各地に配置された営業担当者が、病院やクリニック、介護施設や法人企業など様々な施設と密接な関係を構築し、求人情報はどこよりも素早く紹介している点が大きな特徴ですね。他の医師求人サービスでは見つけることができない独占の求人情報がある点も要チェックです。プライバシーマーク取得なので、転職活動が職場にバレてしまう心配が一切ない点も安心ですね。

ドクタービジョン 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ドクタービジョンでは、高額求人や女性医師が活躍できる職場など多種多様な医師求人が充実しています。日本調剤グループが運営する東証一部上場企業だからこその、ネットワークを生かした草の根的な求人情報は魅力的なものが多いですし、経験豊富で医療業界に精通したコンサルタントがシッカリと仕事探しをサポートしてくれます。働きながら仕事探しをしたい人にピッタリです。

外科医とは?外科医の種類は?

外科医とは、薬を使った治療ではなくて手術という方法で患者さんの病気を治療する手段を行う医師のことです。テレビドラマでは、古い所で「白い巨塔」、よく知られているものだと「ドクターX」などがありますが、いずれも外科医が活躍するストーリーとなっていて、外科的治療以外の方法に取り組む内科医との違いなども知ることができますね。こうしたドラマの影響もあり、外科になりたいという医師は増えているのかと思いきや、全国的にみると外科医の数は減少傾向にあります。その理由は、患者さんの命を預かるということは非常に重たい責任や重圧があるため、医師として働きたいけれどそこまでの重圧は抱えたくない、という人が増えているからなのかもしれません。

外科医は、体のどの部位に専門性を持つかによって、たくさんの種類に分類できます。胃や腸などの消化器官を専門にする消化器外科、心臓を取り扱う心臓外科、肺や気管などの呼吸器系を専門としている呼吸器外科、頭部なら脳神経外科となります。また、肛門を専門にするのは肛門科、女性の乳房が専門の乳腺外科、骨格など全身の骨に特化した整形外科、排泄機能に詳しい泌尿器科など、たくさんの種類があります。

外科医は、医師免許を取得する時にこうした専門を決めるわけではなく、実務を通して専門性を少しずつ極めて行くことになります。外科という診療科目が設置されている病院でも、どんな専門科目が設置されているかは病院ごとに異なるため、場合によっては自分が専門としている脳神経外科がないとか、胸部外科が設置されていないということはもちろんあります。もしも外科医として専門性を極めて上級資格を取得したい場合などには、転職する際に専門科目が設置されている医療機関を選ぶことをおすすめします。

街中で見かける「外科クリニック」等は、外科という大きなくくりとなっています。もちろんそこで働く医師にとっては、専門分野があるのでしょうけれど、個人経営のクリニックの場合には一般外科という大きなカテゴリーとなっていることが多く、もしもより専門的な診察や検査、治療が必要だと判断した場合には、専門科目が設置されている大きな病院を紹介するというプロセスとなります。

大きな病院に勤務する医師は、本人の希望および病院側のニーズに応じて各専門科目へ振り分けられます。もしも実務の中で別の専門性を極めたいなという時には、転科という形で医師免許をそのまま生かして方向転換することは可能です。

外科医になるには?

外科医になるためには、まず医師免許が必要となります。この医師免許は国家資格なのですが、免許を取得する際に内科とか外科という専門性を決める必要はありません。医師としての専門性は、資格を取得して実際に実務についたところから極めていくことになります。医師免許を取る方法ですが、年に1度開催される免許取得のための国家試験を受験して、合格することが必要条件です。ただし、誰でも希望すれば国家試験を受けられるというわけではなく、医学部が設置されている大学でしっかりと医師になるための基本的な知識を学ぶことが必要です。もしもすでに大人になってしまっていて、大学は出ているけれど医学部ではないという場合には、残念ながらもう一度医学部に入学するところから始めることになります。

国家試験に合格すると医師免許を取得できます。しかし、免許があっても実務経験があるわけではありませんし、いきなり患者さんを診察しても、適切な診断や治療を行えるわけではありません。そのため、免許を取得してから最初の2年間は研修医という肩書で、医療機関で見習いの新人として働くことになります。この期間は、外科医になりたい人でも外科以外の内科とか整形外科とか、複数の診療科目を経験していきます。外科医になりたい人にとっては、別の科目の経験を積むことは時間の無駄に思えるかもしれませんが、こうした経験は長期的には必ず実務において役立つので、すべての診療科目において真剣勝負でなければいけません。

2年間の研修医課程を終えたら、次により専門的な実務経験を積むために、研修医は外科医という専門性を決めることができます。専門性はどのタイミングで決めても良いのですが、だいたい研修医2年目に決める人が多いでしょう。外科という専門性を選ぶと、その後は外科の中でも幅広い分野について基本的な勉強や実務経験を学んでいきます。これが、後期研修と呼ばれるステージです。医師歴はすでに3年以上になりますが、まだ研修医という位置づけです。

外科という専門性を決めてから、学会が定める5年間以上の専門研修を受けると、外科医の専門医としての試験を受けることができます。これに合格すると、外科専門医という一つ上の医師になれるわけです。専門医になった医師は、実務の中でさらに上級資格を目指しながら日々修練していて、この上級資格が転職の際には大きな役割を果たすことになりますし、プラスに働いてくれるのです。

外科医に人気の医師求人サイトは?

外科医が仕事探しをする方法はたくさんあります。多くの場合には医師の求人のみを取り扱っている求人サイトを利用する方法です。こうしたサイトは、外科医にとっては外科という大きなくくりで仕事探しをするだけではなく、より細かい専門分野について仕事を絞り込むことができるというメリットがあります。こうした探し方が出来なければ、一つ一つの求人をチェックしながら、これは内科だからNGだなとか、これは外科医だけれど整形外科だからダメだ、など該当する求人を見つけるのに時間がかかってしまうでしょう。しかし、医師専門の求人サイトを利用すれば、時間をかけずに短時間で探している分野や科目の求人を見つけられるというメリットがあります。

外科医が良く利用する求人サイトはたくさんありますが、どのサイトでも自分にピッタリというわけではありません。サイトごとに、力を入れている求人エリアや、求人を多く取り扱っている診療科目が異なります。例えば、仙台エリアで心臓外科として働きたい人にとっては、仙台エリアの医師求人を多く取り扱っている所が良いわけですし、心臓外科の求人を多く取り扱っているサイトの方が、希望に沿った求人が見つかる可能性は高いでしょう。

医師求人を専門に取り扱っている求人サイトには、全国規模で求人が紹介されているものもあれば、ローカルなエリアに特化しているものまで幅広くあります。同じ求人が複数のサイトで紹介されていることもありますが、他のサイトでは紹介されていないお仕事もたくさんあるので、ぜひ複数の求人サイトを活用しながら仕事探しをしてみてはいかがでしょうか?また、こうしたサイトは1つしか利用できない決まりではないので、複数に登録をして仕事探しをするという方法も良いでしょう。たくさんの求人を比較していくうちに、そのエリアのお給料や待遇の相場が分かりますし、こまめに仕事探しをしていれば、どんな求人がよく出やすくてどんなものが出にくいのかという点がぼんやり見えてくるかもしれません。

こうしたサイトは無料で利用できるものが一般的ですが、サイトごとにどんなサービスやシステムになっているのかが異なります。職務中にパソコンの前に座って仕事探しをする事が難しい外科医にとっては、大体自分の希望を伝えたら求人サイトの側で面接日を調節してくれたり、入職日を調整してくれるようなところが便利でしょう。複数のサイトを比較しながら選びたいですね。


Copyright (C) 2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.